K memo

K-POPや韓国旅行関連のメモです

韓国留学をすることにした入国までの記録

あくまで記録なので、これから留学を準備される方に有益な情報になるのか、人が読んで面白いものなのかは謎ですが、あまりにも準備中に色々あったのでw 記念に残しておこうかと思います。思うままに書いているので韓国ビザや留学に関係ない話もでてくると思います。

 

というのもコロナ禍の留学準備、ほんと〜〜〜に何が起こるか予測できない(予測できなかった事が多かった)ので、

わりと最近の話でも"あの時あぁだった"みたいな話は、正直あんまり参考にならなかったりします。(もちろん参考になる情報も沢山あり、情報を発信してくださってる方には感謝しかないのですが><。)現在進行系のリアルタイムの情報が結構重要でした。

数年後に、準備大変だったけど頑張ったな〜〜でも来てよかったな。って自分で読み返して思えたらいいな 。

 

はじめに

韓国の文化が好きになって、試しに韓国語の勉強も始めてみたところとても楽しい。今まで他の国の言語を真剣に勉強したことがなかったけど、好きな音楽やアーティストを通して現地の友達が出来たり少しでもコミュニケーションが取れるようになっていくうちに、どんどん勉強することにはまっていきました。

私がしていた仕事は制作系の色々のプロジェクトマネジメントをするような感じの仕事で、もし韓国語が仕事で活かせるくらい出来るようになったら、仕事の幅が広がってもっと楽しく働けるかも!?と思い始め…

2019年には短い旅行も含めて結構な回数ソウルに行っていて、行くごとにこの街で少しで良いから生活してみたいな〜という気持ちも芽生えてきました。それが2019年末くらいだったと思います。

ちょうど家の契約更新が1年後にあるし、1年あれば仕事もなんとかできるだろうということで、いっちょやってみるか〜と準備をはじめました。

 

2020 3月〜5月くらい

3月のソウルファッションウィークを見てみたかったのと、現地で生活する練習で1週間くらい滞在してみよう、と有給も取り、宿なども予約していたんですが、ご存知の通りコロナ到来で全キャンセル。

しかもこの時期留学を準備されていた方は、急に準備していたビザが無効になってしまったりしたそうで、本当に大変だったと思います…。

GWのHIPHOPPLAYA FESまでにどうにか収まってくれ…と思ってたけど全然無理。しょうがないので、GWはいろいろなキャンセルで戻ってきたお金でオンラインの韓国語集中講座みたいなやつを受けました。

そしてとりあえず今出来ることをしよう、とお金をなるべく貯めたりしていた気がする(そのわりにはあまり貯まらなかったのはなぜ!?!コロナ禍あるある)

 

週1で韓国語教室には通っていて、並行して日本に住んでいる韓国人の友達が定期的に勉強会を開いてくれて、それがすごく会話の練習になってとてもいい機会になったと思う

この辺の"教科書には載ってない系知識"はその時教えてもらいました。

 

2020夏

留学のエージェントの相談会に参加したり(オンライン)、韓国に留学に行ったことのある友人に話を聞かせてもらったり…学校の情報を探したりしながら、本格的に動き出すスケジュールを立てていきました。でも、まだ具体的にできる事はあんまりない。ビザも出たり?出なかったり?インターネットを見ていると、すごく時間がかかったり不安定な様子…。

 

とりあえず残っていた親知らずを全部抜きました。ついでに虫歯がいくつか見つかって泣いた〜〜

 

 

2020秋〜冬 

エージェント主催のオンライン学校説明会があったので何校か参加。エージェントを通さないで入学申請とかしようかな〜と思っていたけど(節約)

コロナで色々状況が不安定なのと、説明会の参加者には色々割引があって結果お得だったので、そこのエージェントに頼むことに。あとすごく担当の方が親切で親身になってくださったのが決め手かな…

あとは引っ越しの準備を進めました。服を売りまくってメルカリで儲けた(※普通に買ったときの金額は儲けてはいないが儲けた気分になれるメルカリマジック)家電もかなり古くなっていたのでこの機会に捨てまくった。家電捨てるのってすごくお金がかかるのね…

しばらく都内のエアビーを借りて仕事と準備を進めました。なぜかプロジェクターがある素敵なお部屋でした。きっと本当は旅行客向けのお部屋だったんだろうな。。。

  

学校を決めて、入学申請書送付。学校から請求書が来て、学費を振り込む。

入学許可書とビザの申請に必要な対面授業証明書が送られてくるのを待って、来たらすぐビザの申請に領事館に行きましょうというスケジュール感。

この「対面授業証明書」はコロナ禍のビザ申請ならではの必要書類で普段はいらないやつです。多くの大学は最初の2週間くらいはオンライン授業で、後半が対面授業の予定になっており、対面授業も予定されている事を証明する書類です。※時期や学校によって変わります

ずっとオンライン授業だとわざわざ渡韓してくる意味が薄れるので、ビザが発給されません>< 

 

数日後、エージェントから「【重要】◎◎大学語学堂へ申請した皆さんへ」みたいなタイトルのメールが届く。嫌な予感。

なんと大学から「対面授業証明書」が出せなくなったと連絡が来たので、数日後までに学校を変えるか・延期・キャンセルを検討して返信してくださいという内容でした。

え〜〜〜〜〜〜いきなりそんな事言われても困るんですけど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と結構頭真っ白になりました。。。。

エージェントも学校からいきなりそんな連絡が来て正直びっくりしています。。。という様子。だって学校説明会もしてたし、請求書まできてお金も振り込んでたもんねぇ。。。

引っ越しとか仕事の調整も進めてしまっているのでキャンセルは現実的ではない、幸い第二希望でいいなと思っていた学校がまだ募集をかけていたのでそこに変更することにしました。

 

入学申請に銀行の残高証明書という物が必要で(滞在に必要な費用がちゃんとあるのか証明するため)メールが来たのが金曜だったので、土日あけて月朝イチで地元に帰って銀行の開店ダッシュしました。(残高証明は自分の口座の支店で発行をお願いすると早いです。他支店だと数日かかり入学申請が間に合わなくなるのでダッシュしました)

確かこれがちょうどクリスマス前くらいで、学校も年末年始に入るので許可書が送られてくるのは年明けですかね。。。とのこと。

もしも、もしもの万が一、新しく変更した学校も対面授業証明書が出せないってまた急に言われたらすべてを諦めざるを得なくなるので、年末年始はあまり生きた心地がしませんでしたw

 

これをきっかけに、横の情報共有が結構重要かもと思い留学用Twitterアカウントを作る。そこで私と同じ状況の方、別の学校でも同じことが起きたみたいでその方の様子を見れて、少し安心しました…。いやぁ大変でしたね。。。

でもまぁ、いいこともあったよ、学校変更したら学費が数十万単位で浮いたのでお財布には優しくなった〜学校によってそれくらい学費の差があるからこれから検討する人はいろいろ見比べてみてください

 

そして、感染者数増加を受けて新たにビザの申請時に72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要になるとの発表が…

今までもコロナの状況を受けて健康診断書の提出があったのですが、PCR検査にパワーアップしてしまった。。。。しかもタイムリミットがある。。。

結構年末は仕事で東京内をぐるぐるしたりしてたので、万が一無症状の陽性だったらどうしよう。。。。と更に生きた心地がしない年末年始となる。。。

 

2021年1月

感染者数増加に伴って、国によっては出入国制限をかけはじめたので、これで入国停止になったらどうしよう。。。と思っていましたが、幸い入国制限はかけない様子で一安心…。

 

学校から無事入学許可が!!!早速PCR検査を受けに行きました。緊急事態宣言出るかも〜?くらいの時期だったので、何かあっては怖いので宣言出る前にビザ申請しときたい!!と短い時間で検査〜証明書まで出してくれるクリニックを探して受けました。

この時の検査は鼻綿棒。痛くなかったけど終わったあと目から涙がしばらく止まらなかったよ(TMI)

 

無事!!陰性を証明!必要書類を持って領事館へGOしました。とりあえず一歩前進!と安堵したのもつかの間、帰り道に悲報が2通入る。

①ビザ申請時の陰性証明書は明日から要らなくなりました。(理由:渡航時も陰性証明書を提出するのに短期間で2回も受ける必要が!?というクレームを受けて急遽中止に)

え〜〜〜〜〜〜〜まじで早く言ってくれよ、そりゃいらんやろとは思ってたけど言ったら必要なくなるんか〜い、無駄な心配と無駄な検査費………と思っていたんですが

②同居人が濃厚接触者になってしまう。この衝撃が一番でかかったw

年末年始の感染者爆増で、なかなか検査も受けられなくて本人もすごく申し訳無さそうにしてて可哀想だったし、近くに留学準備なんかしている人がいるせいで余計な心配をさせてすごく申し訳なかったです。。。。でも私はちょうどPCR検査を受けて陰性が出ていたので、、、、結果検査が無駄にならなかったので良かったかな。。。。

(その後、本人もPCR検査を受け陰性、2週間隔離を経て無事元の生活に戻れました)

 

1日でこんなに色々一度に起こることがあるんだな〜

この時、もう私は出国まで友人などには会わない方が良いかもな。。。。これはもう運でしかなくて、どれだけ気をつけていても本当に誰でも感染する可能性のある怖い感染症だ。。。。と気を引き締め直したのでした。。。みんな送別会したかったって言ってくれて泣いた〜

 

ビザは申請書の受領〜審査・発給までに3週間くらい見てほしいと言われる。

普段はおそらくもっと短時間でスムーズ?で、さらに地域によっては申請時に活動計画書の提出が追加で必要になっていたり、居住地の管轄の領事館によってルールも様々でした。発給までの期間も様々で、私より前に申請した人が私よりあとに発給になっていたり。

私の管轄の領事館では、申請後2週間目にパスポートの返却とは別に、もう一度領事館に来て健康状態のインタビューを受ける必要がありました。インタビューといっても、窓口で「変わらず元気かい?熱無い?喉いたくない?」みたいなことを聞かれて3分くらいで終了するやつでしたけど。

ビザの発給に関しては、やはりかなり厳しくしているようで申請からハードルを上げて本気の人(?)だけ申請するようにしている感じがしました。

あ〜私の仕事と一緒だな〜とぼんやり思ってました。なるべく一番上のOKを出す人(管轄?)が通しやすくなるように、管轄領事館独自のルールでインタビューを設けたり、活動計画書を出させたり…こんな時期でもなるべく多くの人に発給されるように、それぞれの領事館が工夫してくれてるんだな。私も何か提案書とか出す時、上がOK出しやすいように余計かな?と思うくらいの書類用意したりするもんな〜と思ったら有り難かったです。

 

これはその帰りに食べた豆花です

そして無事ビザが発給されました涙 

 

入国後のPCR検査の回数が一回増えましたが、それくらいの出来事はもう全然だいじょうぶです

2021年に入ってから合計4回PCR検査を受けることになりました。日本で鼻・唾液各1回、韓国で鼻二回。比較レビューでも書こうかなという頻度…w

 

2020年2月

ビザが降りたらやっと出発の具体的なスケジュールが立てられます!

・家の契約、2週間隔離中の部屋確保

物件の詳細情報を細かく共有していただきつつ、テレビ電話で何件か内見しました。家の入り口から屋上とかも電話しながら見せてもらって楽しかったです^^

何件か問い合わせしていましたが、すごく親切な不動産屋さんが見つかって良かったです。私が契約した家は隔離使用NGだったので隔離用の物件もそこで手配してもらいました。今その部屋にいますけど、自然光が沢山入って広くて走り回れる(?)ので快適に過ごせています。

・飛行機の予約

そもそもの便数がかなり減っており、飛行機代も2019年末〜2020頭の頃と比べるとLCCでも倍くらいの値段になってました。あと急に欠航しまくる。レガシーでもLCCでも欠航の頻度はあまり変わらない感じがしたので、万が一キャンセルになった時に融通がきくように航空会社直で予約。

久しぶりにスカイスキャナーとにらめっこしました

飛行機はいい感じのが取れたんですが、ちょっと予想外だったのが、成田空港まで行く交通手段が激烈に減っていることでした。成田エクスプレスも早朝か夜しか運行しておらず、私が愛用していた東京発の千円バスも全部運行停止中でした……。まぁでも空港に行く人がそんなに居ないんだから、そりゃ運休するよな。。。。と

 

・韓国国内で使える電話番号つき携帯simカードの用意

・保険まわりをどうにかする

・退職準備と役所関連

恥ずかしながらずっと会社員だったので社会保険まわりのことを全部会社におまかせしてて、ちんぷんかんぷんだったんですが…こちらの本を読んだらかなり理解できました…読んで良かった…

タイトルがそのまま俺 

 

あと国際免許もこれ↓のために一応更新しました!車は運転しません^^^^!!!!

n7.hatenablog.jp

他なにかやったっけ?色々やりすぎてもう忘れちゃった

 

渡航時に必要なPCR検査は自宅で唾液採取で出来るクリニックにお願いしました。なるべく外出を控えたかったのもあり…

こちらも、渡航72時間以内というルールがあるのですが【証明書発行から72時間】なのか【検査日から72時間】なのかの情報が結構直前まで錯綜しておりました。

クリニックは渡航用の証明書発行もすでに何度もやられており、それにまつわる情報も沢山お持ちだったので相談しながら日程を決めて検査して無事陰性の連絡をもらいました!

 

渡航前日(2/25)

学情報集め用のTwitterのTLがなんだかザワついている…?

私が渡航する2日前に韓国に入国された日本人の方のツイートで「入国時に唾液の検査方法で発行された陰性証明書は、2/25から無効になると言われましたので注意してください!」みたいな情報があり、まさに唾液で準備していた私はそれはもう大変に焦りました。

同じ日に渡航を予定している方ともTwitterでつながっていたんですが、みんなややパニック。。。でも大使館からそんな発表は無いんですよ…でもその方はそう言われた!とおっしゃっており。。。

今までも色々急にルールが変わったので全然ありえる話だし、証明書の形式が規定と違っていて入国出来ず日本に戻ったという方もチラホラ見かけていたので。。。。

とてつもなく不安だったんですが、もう渡航明日だし今から陰性証明書を取り直すのは時間的に無理なので・・・・公式の情報は見つからないしそのまま行くことにしました><。

 

渡航当日

成田エクスプレスはガラガラでしたが、成田空港自体はわりと思ったより人がいました。時期的に移動される方が多い時期だったのかもしれません。便数も少ないし、お店はかなり閉まってましたが…

久しぶりの飛行機に乗りながら、なぜ鉄の塊が飛べるんだ……とか根本的なことをぼんやり考えていた気がする…どんどん街が小さくなっていく様子と海面の反射がキラキラしているのがとても美しかった。

 

渡航2日前に推させて頂いているグループがカムバしたんですが、それぞれの人生の選択を美しい!と肯定してくれるような、どんと大きく背中を推してくれるような内容の歌で、私にとっての新しい出発を本当に本当に本当に勇気づけてくれました。。。。ず〜〜〜〜っと聴きながら移動した…。

www.youtube.com

ちなみに、さっきからブログ内にちょいちょい出てくるのも彼らです w

本当に素敵な歌なので、ぜひ歌詞の意味も見ながら全員聞いてください><><><

 

 でも3~4時間くらいかかった方もいるようで、短い方だったのかもしれませんね…

超絶心配していた陰性証明書もまったく何も言われずOKでした!マジでなんだったんだ〜〜〜〜〜まぁでも良かった〜〜〜〜

 

韓国での1回目のPCR検査も陰性!鼻と別の綿棒で喉奥もチョイチョイってやってしっかりした検査でした。全然痛くなかったし涙もでなかった。最後の検査もあのアジョシにやってほしい。。。

只今隔離用に2週間だけ借りた部屋で自主隔離中です。携帯の位置情報を逐一飛ばしつつ、1日2回体温を測って健康報告をしているよ!やってることは、このJBJ95のケンタくんが日本から韓国へ戻ったときのvlogと大体同じだよ!アプリも一緒!

youtu.be

 

日本から持ってきた作業を進めたり…勉強したり…推させて頂いているグループの活動期間なのでTV見まくったりしていたら結構あっという間に時間が過ぎそうです。

そしてもうすぐ念願の授業も始まります!!!!やっとたどり着けたので思う存分がんばりたいと思います><><><